【面白い数学の問題】「牛と草」 平均を使いこなそう!

面白い数学の問題

皆さんアッシェンテ!

今回は、小学生でも解ける簡単な問題をしましょう。

今回使うのは「平均」という考え方です。

それでは早速ですが今回の問題にいってみしょう!

レッツゴー!

問題

ある牛はの2021年の1月~5月までの5か月で1510㎏の草を食べました。

ここで問題です。

この牛は1年で何㎏の草を食べるでしょうか?

ただし、牛は毎日同じペースで草を食べるものとします。

 

さて答えは何になるでしょうか?

え?3624㎏?

そんな答えにはならないはずです。

もう一度計算し直してみてください。

ヒントは2021年です。

 

ここから先に答えがあります。

 

 

 

 

 

答え

3650㎏

3624㎏と答えてしまったあなた。

惜しいですが、1つ思い違いをしています。

それが何かは、解説にて。

 

よく分かる解説

この問題、実は2021年であることがとても大事です。

ですが、なぜ大事なのかの前に、まずは3624㎏になる計算方法と、それがなぜ間違いなのかを解説します。

 

解説1

3624㎏ではない理由

 

3624㎏だと思った人はこう考えたのではないでしょうか?

5か月で1510㎏だから、1か月では、

1510÷5=302

になる。これがこの牛が食べる1か月分の草の量だから、1年である12ヶ月分は、

302×12=3624

で、3624㎏である、と。

しかし、ここにはある落とし穴があります。

それは、1か月は月によって日数が違うということです。

実際、1月、3月、5月は31日まであり、4月は30日まで、2月は28日までしかありません。

よって、1510÷5をして1か月分の草の量を出し、それに12をかけるというのは無茶であるというわけです。

それが使えるのは、月の日数が毎月同じ場合です。(それ以外でも考えられますが、これが1番考えやすいです)

その場合は1510÷5×12=3624としてもいいです。

ですが、今考えるのは毎月の日数が違うので、別の考え方を使う必要があります。

ではどう考えるのか、ここまでの解説でもうお分かりですね?

 

解説2

日数で考える

 

今回の問題では、「日数で考える」、ということが大事です。。

つまり、1月~5月の日数を合わせた151日で考えるということです。

1~5月までの151日で1510㎏の草を食べるから、

1510÷151=10

で、この牛が食べる1日分の草の量を出そうというわけです。

これでこの牛は、1日に10㎏の草を食べることが分かったので、1年の日数である365日をかけて、

10×365=3650

となり、答えは3650㎏になります。

これで最初に言っていた2021年がなぜ重要かお分かりいただけたのではないでしょうか?

それは、閏年の関係です。

年を設定しないと閏年による日にちのずれが出てしまうので、2021年と設定したというわけです。

これがこの問題の解説でした。

 

まとめ

皆さんはひっかからずにこの問題に正解できたでしょうか?

今回牛は1日10㎏の草を食べますが、実際はどんなもんだんだろう。

調べたらこれくらいと書いてあったので、多分10㎏くらいなんだろけど、10㎏ってかなりの量でびっくりしました。

最後に余談をはさみまして今回の問題は以上になります。それでは

ザ・エンドってね

関連記事

【面白い数学の問題】「すゑひろがりずさんからの挑戦状!?」 この問題、鬼むずし!

おすすめ記事10選! まずはこれを読んでみて! 【難問から珍問?まで】

コメント

タイトルとURLをコピーしました