【面白い数学の問題】3つの正方形の面積は?簡単そうでなかなか解けない問題

スポンサーリンク
面白い数学の問題

皆さんアッシェンテ!

今回は、正方形の面積を求める問題です。

今回は小学生までの知識で解ける問題になっています。

ぜひ挑戦してみてください!それでは

レッツゴー

問題

上図のように3つの正方形があります。

ここで問題です。

この3つの正方形の面積はどうなるでしょうか?

さあ、またややこしそうな問題の登場です。

1つ1つ解き明かしていきましょう。

今回はヒントなしです!

 

ここから先に答えがあります。

 

 

 

 

 

答え

241㎝²

さっそく解説パートにいってみましょう。

よく分かる解説

解説①

真ん中の正方形の辺の長さを求める

下図のように3つの三角形の辺を色分けします。

すると、

下の緑色の辺下の赤色の辺下の青色の辺=25㎝

となります。

ここで、下図で、

黄色の3辺=(緑色の辺赤色の辺青色の辺)+8+3=25+11=36

より36㎝となります。

また、黄色の3辺は、真ん中の正方形の辺3つ分なので36を3で割ることで1辺のの長さが求められます。

よって、真ん中の正方形の1辺の長さは12㎝となります。

解説②

3つの正方形の面積を求める

さあここまできたら後は簡単ですね。

緑の辺の長さは12-8=4㎝、青の辺の長さは12-3=9㎝となります。

よって、3つの正方形の面積は、

4×4+12×12+9×9=241

となるので241㎝²と求まりました。

まとめ

気付きさえすればそこまで難しくない問題ではありますが、面白い問題でした。

いやー楽しかったです。

数学はやっぱり面白いですね。

今回は以上です。それでは

ザ・エンドってね

関連記事

【数学クイズ】9桁の数字「ABCDEFGHI」を当ててみてって無理難題では?だけど頑張る

【数学クイズ】マイクロソフトからの挑戦!ほとんどの人が間違える入社問題

【数学クイズ】「破れたページは何ページ?」 数学って楽しいんだ

【数学クイズ】当たる確率が2倍になる?モンティ・ホール問題とは?解説してみた 

コメント

タイトルとURLをコピーしました