【論理クイズ】「効率の違う兄弟」 兄よりすぐれた弟など存在しねえ!!

スポンサーリンク
論理クイズ

皆さんアッシェンテ!

今回は効率の違う2人の兄弟のお話です。

前にも、「兄よりすぐれた弟など存在しねえ!!」って言ったことがあるような…?

あ、あったあった。これだ!

【論理クイズ】「100m競争勝ったのは?」 兄よりすぐれた弟なぞ存在しねぇ!!

これもぜひ見てみてください!それでは今回の問題にいってみましょう!

レッツゴー

問題

2人の兄弟がおじいちゃんのお手伝いをしています。

お手伝いの内容は畑の雑草を抜いて耕すことでした。

畑は12列あり、兄弟は6列ずつを担当することになりました。

ここで

  • 兄は、1列分の雑草抜きに40分かかり、1列分の畑を耕すのに40分かかります。
  • 弟は、1列分の雑草抜きを20分で済ませますが、弟が2列分の畑を耕している間に兄は3列分の畑を耕すことができます。

ここで3択問題です。

ABCのうち正解はどれでしょうか?

A:兄の方が早く手伝いが終わった
B:弟の方が早く手伝いが終わった
C:どちらも同じ時間で手伝いが終わった

効率が良いのはどちらでしょうか?

それとも同じなんでしょうか?

よく考えてみると解けるはずです。

ヒントはなし。

 

ここから先に答えがあります。

 

 

 

 

 

答え

C

作業時間は同じなんですねぇ。

解説パートにいってみましょう。

よく分かる解説

まず、兄は何時間でこの作業を終わらせるのかを考えてみます。

1列分の雑草抜きに40分かかり、1列分の畑を耕すのに40分かかるので、6列分だと、

40×6(雑草抜き)+40×6(畑の耕し)=480分=8時間

兄はこの作業を8時間で終わらせることが分かりました。

次に弟はどうなのかを考えてみましょう。

弟は、1列分の雑草抜きを20分で終わらせるので、

20×6(雑草抜き)=120分=2時間

雑草抜きだけだと2時間で終わります。

次に弟は兄が畑を3列分耕す時間で2列分を耕せるので、弟が6列分耕すための時間は、兄が9列分耕した場合と同じ時間になります。

兄:弟=3:2=9:6(比)

よって、弟が6列分の畑を耕すためにかかる時間は、

40×9=360分=6時間

先ほどの雑草を抜いていた時間と足し合わせて、

2+6=8時間

となり、弟はこの作業を8時間で終わらせることが分かりました。

よって、兄も弟も同じ8時間で作業が終わることになります。

まとめ

兄よりすぐれた弟はぎりぎり存在しませんでした。

これにはジャギ様もご満足されたと思いたいです。

前の記事ではどちらが勝ったのか。

気になる方はこちらをご覧ください。

【論理クイズ】「100m競争勝ったのは?」 兄よりすぐれた弟なぞ存在しねぇ!!

宣伝もしたところで、今回は以上になります。それでは

ザ・エンドってね

関連記事

【論理クイズ】「洗濯をため込む男」 洗濯は毎日派です

【論理クイズ】「ビー玉と袋の分配」 袋もきれいに分配しよう

【論理クイズ】「77個の指輪」 よーく考えよー

【論理クイズ】「数字の並びの法則」 0,10,1110...

【論理クイズ】「お宝どこかな?」 どの箱選びますか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました