【論理クイズ】「黒と白のボール」 確率問題?

論理クイズ

皆さんアッシェンテ!

今回は確率の問題です。

といっても、論理クイズなので難しい計算はありません。

よく考えてみれば解けるような難易度になっています。

さっそく問題にいってみましょう!それでは

レッツゴー

 

YouTubeでも動画を投稿していますので是非ご覧ください!

問題

黒と白のボールが100個ずつあります。

このボールをAとBの箱に100個ずつランダムに入れていきます。

ここで問題です。

Aの箱に入っている白のボールと、Bの箱に入っている黒のボールの数が同じになる確率は何%でしょうか?

確率ですが、あることに気付けば難しい計算は要りません。

あなたは気付けましたか?

ヒントはなしです。

 

ここから先に答えがあります。

 

 

 

 

 

答え

100%

分かっていた方は「やっぱりね」と思っているかと思います。

解説パートにいってみましょう。

よく分かる解説

まず黒のボール100個、白のボール100個があります。

黒のボールをAの箱にa個入れたとすると、Bの箱には100-a個の黒のボールがあることになります。

Aの箱 Bの箱
黒のボール a個 100-a個
白のボール

※a+(100-a)=100で黒のボールは100個になっている。

次に、AとBの箱には100個ずつのボールを入れるので、Aの箱に入れる白のボールは、黒のボールがa個入っているので、100-a個の白のボールが入ります。

また、Bの箱にはa個の白のボールが入ります。

Aの箱 Bの箱
黒のボール a個 100-a個
白のボール 100-a個 a個

※この表の縦横のどれを足しても100個になるようになっている。

よって、

Aの箱の入っている白のボールと、Bの箱に入っている黒のボールは常に同じ数になるので、答えは100%

になるんです。

まとめ

今回の問題は実際に書いて考えてみれば解けたはずです。

確率を求めようとした方はごめんなさい笑

でもこれ論理クイズなんです!許して!

ということで今回は以上になります。それでは

ザ・エンドってね

関連記事

【論理クイズ】「無駄な安打」 野球はする方が好き

【論理クイズ】「1分で倍になる細菌」 考えれば考えるほど難しい?

【論理クイズ】「効率の違う兄弟」 兄よりすぐれた弟など存在しねえ!!

【論理クイズ】「1000人に聞いた」 Fチキっておいしいよね

【論理クイズ】「雨降らしの一族」 必ず雨を降らすなんて可能なの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました