【論理クイズ】「20枚のコイン」 あなたの発想力が試される!

論理クイズ

皆さんアッシェンテ!

今回はこちらの記事【論理クイズ】「表向きのコイン」 表向きのコインの枚数を揃えてください!の派生問題になります。

こちらの問題も面白いのでぜひ挑戦してみてください。

さっそく今回の問題にいってみましょう!それでは

問題

テーブルの上に20枚のコインがあります。

20枚のコインのうち、10枚は表、10枚は裏になっています。

あなたは目隠しと手袋をした後、このコインを混ぜます。

手袋をしているので裏と表を判別する方法はありません。

20枚のコインを10枚ずつの2つのグループに分け、裏になっている枚数と表になっている枚数がグループで同じになるようにすればチャレンジ成功になります。

※グループ①が表7枚、裏3枚なら、
グループ②も表7枚、裏3枚になるようにする。

あなたができる操作は、コインを動かすことと、コインを裏返すことだけです。

ここで問題です。

どうすればチャレンジは成功できるでしょうか?

さてどうしましょうか。

実際にやってみると思いついたりするかもですよ。

今回はヒントはなしです。

 

ここから先に答えがあります。

 

 

 

 

 

答え

10枚、10枚のグループに分けた後、どちらかのグループのコインを全て裏返す

これで解決です。

なぜなのかって?

それでは解説パートにいってみましょう。

よく分かる解説

この問題は具体的に考えると分かりやすいかもしれません。

例えば、10枚、10枚の内訳が、

グループ①:表7枚、裏3枚

だった場合、もう1つのグループ②はどうなっているのかというと、

グループ②:表10-7=3枚、裏10-3=7枚

この様になっているはずです。

なので、全てのコインを裏返すことで、

グループ②:裏3枚、表7枚

にすることができました。

これで、グループ①とグループ②の表向きのコインと裏向きのコインが同じ枚数になり、無事チャレンジは成功。めでたしめでたし。

まとめ

【論理クイズ】「表向きのコイン」 表向きのコインの枚数を揃えてください!

こちらを解いたことがある方はすぐに分かったかもしれません。

難易度はこちらの方が低めになっていると思うので。

具体的に考えられるかが大事になってくる問題でした。

もちろん表をx枚とかにしてもいいんですが、具体的に考えられるものはそうした方が効率が良いので、この考え方を持っておくのはとても良いことだと思います。

と、今回は以上になります。それでは

ザ・エンドってね

関連記事

【論理クイズ】「洗濯をため込む男」 洗濯は毎日派です

【論理クイズ】「ビー玉と袋の分配」 袋もきれいに分配しよう

【論理クイズ】「77個の指輪」 よーく考えよー

【論理クイズ】「数字の並びの法則」 0,10,1110...

【論理クイズ】「お宝どこかな?」 どの箱選びますか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました