【論理クイズ】「2番目に大きい数字」 1~100で2番目に大きい数字の人が勝つゲーム

スポンサーリンク
論理クイズ

皆さんアッシェンテ!

今回は心理的な駆け引きのような問題です。

しかし、論理クイズなので答えは1つ。

さあ、答えを導き出してください!それでは

レッツゴー

問題

あるゲームの大会に100人の人たちが集まりました。

あなたはその中の一人です。

あるゲームとは、

1~100番の数字のうち1つを選んで紙に書き、選んだ数字が2番目に大きい人の勝ち

というゲームです。

また、集まった100人は全員が論理的に行動します。

2番目に大きい数字を書いた人が複数人いた場合は、その数字を書いた全員が勝ちです。

ここで問題です。

あなたが書くべき数字は何でしょうか?

何を書きましょうか?99?50くらい?結局は運な気がしますが…

答えは一つです。たった一つの答えにたどり着いてください!

 

ここから先に答えがあります。

 

 

 

 

 

答え

1

え?一番小さい数字が答え?

そんなわけない!と思いですよね。

でも論理的な思考を持つとこの答え一択になるんです。

それでは解説パートにいってみましょう。

よく分かる解説

まずは1番大きい数字である100から考えてみましょう。

100は一番大きい数字であるため、誰も書こうとしません。

100を誰も書かないということは、100人が考える数字の候補が、

1~100→1~99

に変わります。

次に、今ある候補の1番大きい数字である99を考えます。

99は今ある候補で1番大きい数字なので誰も書こうとしません。

100、99を誰も書かないということは、100人が考える候補が、

1~99→1~98

に変わります。なんとなく分かってきましたか?

そうなんです、これを繰り返していくと、数字の候補がだんだん小さくなっていきます。

最終的に全員が1を書くという結論に達するので、自分も1を書かないと負けてしまうんです。

よって答えは1番小さい数字の1になります。

まとめ

一見意味の分からない行動ですが、論理的にみるとこれが最適解になるという、論理的思考が試される問題でした。

同じ数字が全員負けでも、全員勝ちでも同じ結果になります。

結局は2を書いた人が負けになってしまうからですね。

この状況になったら全員1を出すんでしょうか?

実験してみたい…

というわけで今回は以上になります。それでは

ザ・エンドってね

関連記事

【論理クイズ】「平均スピードは?」 論理クイズです

【数学クイズ】「誕生日が同じ人」 誕生日が夏休みなので祝われません

【論理クイズ】「無駄のない錠剤」 お・く・す・り・の・め・た・ね♪

【論理クイズ】「授業はいつどこで行われる?」 この状況によくなりました

【論理クイズ】「あまりにも注目されているリンゴ」 あなたは気付けますか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました